家主様のお悩み特集

家主様のお悩み

1.Q どうすれば満室になるの

A1 今、景気が低迷なので家賃の設定を間違えるとどうしも空室が目立ちます。
 家賃 50,000円/月の場合
     50,000円× 6ヵ月=300,000円
          ×12ヵ月=600,000円 損したと同じです。
上記の計算でも分かる様に、今はとにかく価格より満室にし、収益を少しでも廻すことです。
A2  中途半端なリフォームは止めた方が良いと思われます。何故かと言うと、リフォームした所と、していない所があまりにも違いがわかりますと、お客様が不信感を持ち成約に至らないケースが多いと思われます。
A3  築年数が経過している建物に関しては、初めに費用がかかると思いますが、予算をきっちりたてて、室内をフルリフォームし、そこそこの条件で募集をかけるか、又は、本当に費用をかけず、家賃の大幅ダウンで勝負をかける事をおすすめしてきましたが、リフォームし、家賃をそこそこダウンさせる事です。
A4  エントランス部分に、ピンクチラシ等が散らばっている物件がありますが、このようなエントラス部分・玄関先も管理のポイントとなります。何故かと言うとワンルームマンションなどは、女性の方々が案内時に、その様な箇所をよくチェックしておられます。また不動産機関のデーターによると、男性と女性の家賃の予算も5,000円から10,000円ほど女性の方が高いです。管理が行き届いた物件にしなくてはらならいのです。
A5 私共、営業マンの日々の努力です。是非一度力を試させて下さい!

2.Q 家賃の回収がうまく行かず疲れるなぁ~!

A1 月々の家賃の回収は、借主様への毅然たる態度だと思われます。毅然と言ってもどのような事かと言いますと、全体的に家主様の多くは、少し家賃が遅れているからといって、たちまちに生活に困る方々がいらっしゃらないため、まぁいいか~と考えがちであり、頭ではわかっていても、なかなかすぐ行動されなく、そうこうしているうちに3ヶ月経過してしまい、今度立ち退きを迫るのに時間がかかり、家賃滞納が8ヶ月から12ヶ月といったことに成りかねません。
私共は、家賃回収は粘りと根気だとおもっておりますので、家賃を滞納される場合は、毎日訪問し回収していきます。そしてこの管理会社は家賃遅れにうるさいなぁと思わせ、意識付けする事が大事であります。その積み重ねが、家賃回収につながると思います。そしてどうしても回収できない場合は、家賃滞納が3ヶ月を経過する事を想定して訴訟の準備をしていく事が大切です。
今はカギの交換やドアロックなどをすると家主側が損害する時代です。弁護士を使わなくても当社で訴訟の手続きはします。 お金をかけずに処理していく事がたいせつです。そして、一番こまるのが夜逃げそして、室内での死亡、この様な事にも当社は対処しています。
又、未然に防ぐ為に、60歳以上の方々に対しては、定期的に安否状態を確認しています。結果、回収又は問題の対処は解決できていると思います。

3.Q 昔からの付き合いのリフォーム業者が少し高いような気がする・・・

A1 昔からの付き合いだからといって、工事をよく任せきりの家主さんがいらっしゃいますが、前文からもお伝えさせて頂いておりますが、今は本当に家賃・敷金・礼金など厳しい時代です。リフォームの金額は、そのまま今の収益にはねかえってきます。その結果、相場にあった条件で募集できない事をよくお聞きします。今大事なのはどのようにリフォーム代を安く上げ、借主側にとってより良い条件で募集できるかが勝負です。
又、未然に防ぐ為に、60歳以上の方々に対しては、定期的に安否状態を確認しています。結果、回収又は問題の対処は解決できていると思います。

4.Q 共有部分(エレベーター、廊下、エントランス、ゴミ置場、駐輪場等)の清掃をまかしているがあまりきれいではないが・・・

A1 私共は大きな会社ではなく少人数ですが、専属の清掃担当者がいております。その担当者が毎日巡廻し定期定期に清掃をしておりますので、共有部分の電球がきれた時など細かな事が、担当者よりすぐに連絡が入り、交換など早急に対応させていただいております。またマナーの悪い入居者の注意、クレーム対応などにも迅速に対応し、これらを当社のモットーとしております。
不法投棄の自転車・バイク、大きなゴミの放置も迅速に対応できています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>